fashion, music and movies

ファッション、音楽、映画について感想やトレンドを書いていくブログです。

introduction:

 当ブログ「fashion, music and movies」を読んでいただきありがとうございます。

 私は当ブログの執筆者(?)で、Schwarzと申します。

 現在20代で、ファッション、ジャズ・ロックを中心とした音楽、映画(話題作からB級まで)に興味があります。そのため、当ブログで扱うのも上記3つが主となる予定です。時折私がニュースなどについて感じた事を書くこともありますが、それはそれとして、楽しんで/批評していただけると幸いです。

 さて、以下が私の自己紹介になります。書いてみたら思いのほか長いですが、共通するところとかがあれば、是非交流などしていただきたいです。

 

--- 

 ファッションは中学生の終わりごろまで全く興味がなく、中3で色づいてちょっとカッコつけようとRight-onなど使ってみたりしましたが、高校生の間はほとんどオシャレ服らしきものを持たずに過ごしてきました。

 大学に入って服を買うことになりましたが、気温に合わせて服をローテーションするだけで、最初はおしゃれに興味を覚えず。いつかは忘れましたが、当時のTK(現在のtk. takeo kikuchi)の緑色のオックスフォードシャツを買って以来、色合わせを考えるのが好きになりました。

 ファッションが本格的に好きになったのは、2015年の冬頃で、トルコ・イスタンブールのブランドLes Benjaminsの2015AWのコレクションを見てから。宇宙の画像/映像が以前から好きだったのですが、コレクションのテーマがSpace Soldierで、宇宙柄を大胆に取り入れた鮮やかなコレクションに圧倒されました。日本での取り扱いはほとんどないのですが、セレクトショップで見かけて宇宙柄のシャツを一目ぼれで購入し、そこからLes Benjaminsの服を買うようになりました。

 現在はストリート系や流行の90年代風のスケーターファッションと、ベーシックなジャケパンスタイルの服を好んで着ています。どちらかというとストリート系が多いので、今後はベーシックな服を増やしつつ、いずれトラッドなども試してみたいと思っています。

 

 音楽・映画は大学に入って以来、勉強や部活以外に割ける時間・お金が大幅に増えたことからハマっていきました。Michael Jacksonが無くなって以来MJや同時代のStevie WonderBilly JoelElton Johnを聞いていました。友達の勧めでNickelback(カナダのロックバンド)やBump of chickin、後は最近再ヒットしているRadwimpsなどを聞き始めましたが、結局洋楽ばかり今は聞いています。

 ジャズはどこで入ったかといえば、2015年の映画「セッション」から。冒頭に主人公の二ーマンが街を歩くシーンでかかる曲、またラスト曲でもあるCaravanに引き込まれ、そこからピアノ・ジャズを主に聴いています(劇中でのピアノ・ベースが印象に残ったので)。とはいえ、歴史に詳しいわけでも、定番曲をおさえているわけでもないので、まだまだジャズに関しては若輩ものです。

 有名どころを遡って聞いたりもしますが、Robert Glasperが一番お気に入りで、ブルーノート東京でのライブがあるたびに行っています。

 映画は音楽をテーマとした映画(「セッション」や「はじまりのうた」等)や、SF(スタートレックシリーズ、「オデッセイ」等)を劇場では好んで見ており、DVDではマーベルを中心としたアメコミや、ホラー映画をよく見ています。ホラーは特にゾンビ物が好きで、怖いからというより笑えるから見ているところがあります。

 

 こんな感じの人間なので、どうぞよろしくお願いします。